セラピストについて

303257

npOcVdgM

香御川 さら良(かみかわ さらら)

★Youtubeに朗読をアップしています。セラピストの声や話し方の雰囲気を知りたい方の参考になれば幸いです<こちら

さららのココロ・ステーション・・・ブログを中心とした個人サイトです。

303257

(経歴)

福井県出身。同志社大学経済学部卒業。

大学在学中より、NPO法人にて労働環境に関する電話相談ボランティア活動に参加。
うつや過労死などの問題に取り組む。

この経験より福祉を志し、大学卒業後に専門学校に進学、社会福祉士を取得。

社会福祉士として対人援助の現場で様々な精神疾患や“生きづらさ”を抱えた方々の援助を経験。

同時に、自己覚知(自分を知ること)について独自に学び続け、自己覚知による自らの“生きづらさ”の解消に成功したことをきっかけに、フリーランスでセラピーを開始。

その後、労働問題に関するボランティア経験と、多様な職務経験を活かし、産業カウンセリング業務を開始。

(経験職種)

正社員:社会福祉協議会、特別養護老人ホーム(いずれも相談員及びホームページ担当者として)

アルバイト・非常勤:行政(生活保護ケースワーカー、子育て支援相談員)、民間会社(経理事務、フィットネスインストラクター、小売店接客、飲食店接客)

フリーランス・業務委託:カウンセラー、カメラマン、モデルetc…、

303257

(ごあいさつ)

はじめまして、香御川さら良(かみかわ さらら)です。

私自身もかつては「毎日がつらい」「周りになじめない」といった“生きづらさ”を抱えていました。

特に学校や仕事から、人との関わりに至るまで、ひとつのことを継続するのがとても苦痛でした。
現実感がなく、目の前のことに対して「自分が本当はどう感じているのか」「どうしたいのか」がわからず、常にもがいていたものです。

そうしたぼんやりとした悩みと不安を十数年も抱えていた私ですが、大学卒業後に福祉の専門学校に進学したことを機に、自らの“生きづらさ”の解消に真剣に取り組むようになりました。

試行錯誤を重ねた結果、自己覚知(自分を知ること)を進めることにより、自分の中の問題が「気づけば問題ではなくなっていく」ということに気づきました。

そこで、専門家による精神分析セッションを一年間受け、自己覚知をより深めたところ、“生きづらさ”の解消はもちろん、“生きづらさ”の活用というより自分らしく自然な生き方に辿り着くことができました。

今では、“生きづらさ”だった部分は、私の長所や強みになり、毎日を楽しくいきいき過ごしています。

DSC_0474p

 

「どんな人にも、その人らしく、満たされて幸せに生きる権利がある。」

これは、私にとっての一番の信念であり、エネルギーの源となる言葉です。

幸せになりたいけど、どうすればいいのかわからない
何が幸せかわからない
幸せになれるはずがない
幸せになろうと思えない・・・

そんな方々のために

私が自分に向き合う過程で得た経験、

相談援助の専門家としての知識とスキル、

そして“生きづらさ”当事者としての理解と共感をフル活用したい!!

そんな想いで始めたのがこの556・Station~ココロ・ステーション~です。

生き方に迷うあなたにとって、何かを掴むきっかけ・糸口になれたなら、それに勝る幸せはありません。

 

DSC_0471p

写真:香御川 さら良